お薬を飲んでもらう工夫


お子さまがお薬をどうしても飲んでくれず、苦労した経験のある人も多いのではないでしょうか。

小児向けのお薬は飲みやすいように味やにおいが調節されているものもあります。

その一方で、とても苦くて飲みにくいお薬も。

苦くなくても、フルーツ味を嫌う、甘味を嫌うなど、個々に独特のこだわりがある場合や、味覚が過敏だったり、何も喉を通らないくらいしんどい場合など、さまざまな理由が混ざり合って、どうしても飲んでくれないときもあるでしょう。

「どうしたら飲みやすくなりますか?」
「この飲み物に混ぜても大丈夫ですか?」
「食べ物と一緒に飲み込む方法は?」
「吐き出してしまったらどうすれば?」

お薬の吸収や作用に影響しないかどうか心配になったこと、少しでも疑問に思ったことはありませんか。

お薬の形も、シロップや錠剤、粉薬などいろいろな種類があり、場合によってはお医者さんに確認して変更ができます。

お子さまの性格や好み、病気の種類やお薬の種類によって、方法は千差万別ですが、飲みたがらないお子さまにお薬を飲んでもらう工夫、わたしたちも一緒に考えます。

悩んでいたら抱え込まず、ぜひご相談ください。

それでは、また次の更新をお楽しみに。


関連記事

日祝
9:00-18:00

〈定休日〉日曜・祝日

〒532-0023
大阪市淀川区十三東1-9-12
キタムラビル1階

阪急十三駅東口より徒歩5分
淀川区役所バス停より徒歩25秒
大阪市淀川区役所の向かい