コラーゲンは効果ない?


ほろほろの鶏を食べにタッカンマリ専門店へ。

タッカンマリは「鶏一羽」という意味の韓国の水炊きで、じっくり煮込んだ鶏をハサミで切り分けて旨みが溶け出したスープといただきます。

コラーゲンたっぷり、飲むエステともいわれる料理ですが、コラーゲンを食べたら美肌効果があるのか、意味が無いのか、気になったことはありませんか。

コラーゲンとは

人間の体を構成しているたんぱく質のうち、約30%をコラーゲンが占めます。コラーゲンと聞くと肌を連想しますが、皮膚だけでなく、骨、腱、関節、角膜、筋膜、血管など体のあらゆる組織を構成する成分です。

コラーゲン摂取は有益

コラーゲンはアミノ酸に分解されるため、食べたり飲んだりしたコラーゲンがそのまま肌や身体の組織になるわけではありません。

このことから、コラーゲンを積極的に食品から摂取しても特別な効果は期待できないと考えられてきました。

しかし、近年の研究では、コラーゲンはすべてがアミノ酸に分解されるのではなく、その分解の過程で一部はコラーゲンペプチドとして吸収され、それが体内のコラーゲン代謝やヒアルロン酸の生成を促す可能性があることがわかってきました。

コラーゲンがそのまま届くわけではないのですが、体内の必要な組織において新しくコラーゲンを生み出す力を高めてくれるのです。

コラーゲンは肌を支えハリを与える

皮膚は、表皮と真皮という層で構成されています。

表皮は、水分の保持や体温の維持など、外側から体を守る役割があり、真皮は、表皮の内側で肌のハリや弾力を保ち維持する役割があります。

真皮の約70%を構成している成分がコラーゲンです。

表皮を内側から支える土台となる真皮の中では「線維芽細胞」がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを生み出し、皮膚の状態に大きく影響を与えています。

コラーゲンをはじめとしたこれらの成分が失われると肌は弾力や水分を失い、しわ、たるみができます。

肌を支えハリを出すコラーゲン、そのコラーゲンを繋ぎ止めて肌の弾力を保つエラスチン、肌の水分を保持するために必要なヒアルロン酸を生み出すのが線維芽細胞です。

コラーゲンと老化の関係性

コラーゲンが減る主な原因は加齢と紫外線です。

コラーゲンは年齢とともに徐々に減っていきます。50代になるとコラーゲンの量は20代のころの約半分までに低下するといわれています。線維芽細胞も加齢により衰えていきコラーゲンを生成する力も弱まって、分裂や増殖する限界を迎え、その数を減らします。繊維芽細胞が減少することで新たなコラーゲンを生成する場所が失われ、体内のコラーゲン量は減少します。

皮膚は紫外線を浴びると「光老化」によってコラーゲンが減少します。光老化は、紫外線の中に含まれるUVA(紫外線A波)という光が肌の真皮層まで到達することで繊維芽細胞にもダメージを与え、劣化させることによって起こります。また紫外線のダメージを分解しようと体が分泌する活性酵素が、コラーゲンやエラスチンを分解させてしまうこともわかっています。

コラーゲンの損傷や衰えは目にはすぐに見えません。

ほかにも喫煙、飲酒、砂糖の摂りすぎなど、さまざまな要因がコラーゲン生成に影響を与えて、皮膚の柔軟性や弾力性は失われていきます。

骨の土台はコラーゲン

皮膚だけでなく、骨、関節、腱、靭帯などにもコラーゲンは存在し、強度や柔軟性を保つ機能があります。

骨というと、まずカルシウムが思い浮かびますが、骨はコラーゲンにカルシウムなどのミネラルが付着する。ことで骨が形成されています。

そして、骨の中にコラーゲンがあることでクッション性が加わり、骨にしなやかさを与え、転んだときなどの強い衝撃から守っています。

関節の部分にもコラーゲンが存在し、骨と骨の摩擦による擦り減りから骨が傷つくのを防ぐ役割もしています。

コラーゲンを増やす方法は、美容医療でも取り扱われます。

アンチエイジング系の美容医療では、真皮層まで届く波長のレーザーや光を照射し、真皮の線維芽細胞の働きを活性化させてコラーゲン生成を高めるようはたらきかけたりする治療を定期的に行うことで効果を期待します。

美容には、たくさんの方法、たくさんの製品、たくさんの選択肢があります。

コラーゲンが多いとされる食べものは脂質が高い傾向にあるので、美肌のためにと、コラーゲンを意識しすぎて食事が偏ると、ニキビができやすくなったり体重が増えやすくなります。

極端に偏らないように食事に配慮しながら、十分な睡眠と、適度に運動する生活も合わせて日々積み重ねることで、美容にも健康にもより良い効果をもたらします。

そして、食事に気を遣うことも、何も意識せずに好きなものをただ美味しく食べて心が満たされることも、どちらも大切なものだと思います。

それでは、また次の更新をお楽しみに。


関連記事

日祝
9:00-18:00

〈定休日〉日曜・祝日

〒532-0023
大阪市淀川区十三東1-9-12
キタムラビル1階

阪急十三駅東口より徒歩5分
淀川区役所バス停より徒歩25秒
大阪市淀川区役所の向かい