紫外線対策


日差しが眩しいですね。

最近では一年を通して紫外線が降り注いでおり、毎日のUVケアが重要であることがよく知られるようになってきました。

強い日差しからお肌を守るために、皆さまはどのような紫外線対策をしていますか。

今回は、日焼け止めクリームにおける紫外線を防ぐ成分について、ご紹介いたします。

そもそも、日焼け止めクリームがなぜ日焼けを防止できるのか、その仕組みについて疑問に思ったことはありますか。

紫外線を防ぐ成分(UVカット剤)は「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類です。

紫外線吸収剤

紫外線散乱剤

吸収剤のみを用いた製品、散乱剤のみを用いた製品、両方を使用している製品もあります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いは、紫外線が皮ふに届くのをどうやって防いでいるか。

紫外線吸収剤

「ケミカル」とも呼ばれ、紫外線を吸収して、熱や赤外線などのエネルギーに変換させることで、紫外線が皮ふに届かないようにします。

高い紫外線防止効果があります。

特徴

  • 透明性が高く白浮きしない
  • 肌なじみがよく塗り心地がなめらか
  • 伸びがいい
  • 汗で崩れにくい

吸収剤は、紫外線と化学反応を起こして紫外線を吸収するため、お肌が敏感な方や体質によってはまれに刺激を感じる人がいます。

このため、肌に良くないイメージを持つ人もいます。

ですが、日本で販売されている吸収剤を配合した日焼け止めは、すべて安全性が確認されているもの。

毎日お肌に触れるものであれば、その使い心地はより重要なものとなるはずです。

ケミカルであっても、さまざまなテストを経て低刺激の日焼け止めクリームとして販売しているものもあるため、使いやすさを感じていたり、お肌に合っていれば使用を避ける必要はありません。

紫外線散乱剤

「ノンケミカル」とも呼ばれ、お肌の上で紫外線を跳ね返す(散乱させる)ことで皮ふに紫外線が届くのを防ぎます。

お肌への刺激が少ないです。

特徴

  • お肌への負担が少ない
  • せっけんなどで洗い流しやすい
  • 白浮きしやすい

散乱剤は白い粉末なので塗ったときに白くなりやすいですが、お肌を明るく見せたい方にはメリットにもなり得るかもしれません。

さらさらとした粉末なので散乱剤の配合量が多くなるとお肌がきしみやすいと感じるようになる人もいます。

お肌への刺激が少ないのが最大のメリットです。

敏感肌・乾燥肌などお肌の弱い方やお子さまにはこの紫外線散乱剤を使用した日やけ止めクリームがおすすめに挙げられることが多いです。

低刺激の日焼け止めクリームというのは、ケミカル、ノンケミカルのどちらにも存在します。

それぞれの成分のメリットを活かそうとすると、吸収剤と散乱剤どちらも使った製品が生まれるというのも、とても納得できます。

今までなんとなくノンケミカルのほうが良い響きに感じていた方もいらっしゃると思いますが、少量で伸びがいいものや白くならないことを重要視するとケミカルのほうがきっと選べる幅が広がります。

日常的に使用するものは、塗り心地も大切な基準ですよね。

近年では双方のデメリットを減らした商品も多く開発されているので、この情報が日焼け止めクリームを選ぶ際のほんの少しの手助けになれば幸いです。

たくさんの日焼け止めが販売されているので、どれを使えばいいか悩ましいですが、特に刺激が気になる方は試供品(サンプル)を使い、お肌に合うか確認して選ぶというのもひとつの方法です。

ピスタチオ薬局では、資生堂の低刺激スキンケアブランドの2e(ドゥーエ)をお取り扱いしており、日焼け止めクリームのご用意もございますので、気になった方はお声掛けください。

患者さまはもちろん、スタッフにも愛用者がいます。

それでは、また次の更新をお楽しみに。


関連記事

日祝
9:00-18:00

〈定休日〉日曜・祝日

〒532-0023
大阪市淀川区十三東1-9-12
キタムラビル1階

阪急十三駅東口より徒歩5分
淀川区役所バス停より徒歩25秒
大阪市淀川区役所の向かい