月の海


満月の模様は、お餅をついているウサギのように見えるような、見えないような。

皆さまにはどんなふうに見えていますか。

月は地球に対していつも同じ面を向けてまわっているので、実は世界中のどこで見ても同じ模様が見えています。

なので、わたしたちは地球にいる限りは月の裏側を見ることが出来ません。

日本では昔から月にはウサギが住んでいて、そこで餅つきをしていると言われていますが、月の模様をどう捉えるかは国によってさまざまです。

韓国や中国では、日本と同様ウサギに見えているそうですが、中国のウサギはお餅をついているのではなく、不老不死の薬草を挽いていると言われていたり、ウサギではなく「カエル」や大きなはさみをもった「カニ」という地域もあります。

その他にも

イヌ(モンゴル)
ワニ・ロバ(南アメリカ)
編み物をしている女の人(インドネシア)
木の下で休む男の人(ベトナム)
男の人が灯りを点けたり消したりしている(オーストラリア)
本を読むおばあさん(北ヨーロッパ)
大きなはさみのカニ(南ヨーロッパ)
女性の横顔(東ヨーロッパ)
吠えているライオン(アラビア圏)
薪をかつぐ人(ドイツ)

など、同じ満月を見ても、その土地の自然・習慣・伝統・神話などが関係して違うものが連想されるのはおもしろいですね。

厳密にいうと、わたしたちはどこにいても同じ月の模様を見ているのですが、住んでいる国や時間帯によっての月の見え方(模様が回転した状態で見える)も影響して、世界各国で連想されるモチーフが変わってくるようです。

ウサギっぽく見えたり見えなかったりするという方。

月は常に地球側を向いているけれど、時間帯によってウサギが横になったり、逆さになったりしているとわかっていれば、ウサギの姿を見つけやすくなるかもしれません。

それでは、また次の更新をお楽しみに。


関連記事

日祝
9:00-18:00

〈定休日〉日曜・祝日

〒532-0023
大阪市淀川区十三東1-9-12
キタムラビル1階

阪急十三駅東口より徒歩5分
淀川区役所バス停より徒歩25秒
大阪市淀川区役所の向かい